2016年1月23日、独日協会新年会に出演しました

皆さま、2016年になりました。新年あけましておめでとうございます。




ミュンヘンには、日本が大好きなドイツ人が主体の団体「独日協会」と、独日の文化交流を目的とする日本人が主体の団体「日本人会」があります。




我がコーラス部は、昨年同様、土曜日と日曜日に続けて、両団体のイベントに出演することになりました。




まずは、独日協会の新年会です。






会場: 以前の民族博物館(Völkerkundemuseum)、名改め、
    Museum fünf Kontinente
住所: Maximilianstraße 42


f0314586_06503931.jpg


以下の曲を独日コーラスのメンバーと共に心を込めて歌いました(「谷茶目節」以外)。



「荒城の月」
「谷茶目節」
「風になりたい(三部)」
「風になりたい(二部)」
「予感」
「さくら さくら」




「荒城の月」と「さくら さくら」は、私たちにとっては、よく歌うレパートリーになるのですが、それだからこそ、緊張感を持って、ハーモニーを大切にしながら歌いました。




「谷茶目節」は、沖縄の歌なので、聞き慣れない言葉と足踏みと手拍子を覚えて暗譜で歌う曲なので、何度も何度も練習しました。




「風になりたい」の2曲は、一つの曲のように続けて歌う曲になり、特に二部の方は、初めて歌うサンバ調の曲でしたので、リズムに気をつけながら歌いました。



「予感」は、歌詞が素晴らしく、気持ちを乗せながら歌い上げることができました。





f0314586_06561019.jpg




日本人の劇団「EnGaWa」の震災がテーマのお芝居と、フルートの日本人デュオの素敵な演奏を聴いて、新年会を楽しむことができました。




もちろん、終了後のお食事とお飲み物も最高に美味しかったです。




f0314586_07023961.jpg









[PR]
# by japfrauchormunich | 2016-01-26 07:02 | イベント情報

2015年12月5日 Adventssingenに参加しました

2015年12月5日(土)、暖かな冬の夜空の下、ミュンヘン市庁舎でのAdventssingen に参加しました。


f0314586_06103495.jpg


曲目は、

「Maria durch ein Dornwald ging 」
「Mandeln und Zimt 」
「Es mag net finsta wer'n」

でした。今年も独日コーラスの皆さんと共に歌いました。

練習では、ドイツ語の発音や言い回し、息をそろえるタイミングなどに集中して取り組みました。 本番では練習の成果がみられ、マリエンプラッツに美しい歌声を届けることができたのではないかと思いました。



f0314586_06112901.jpg


市庁舎のバルコニーからは、輝くツリーやマルクトの店、そして幸せなオーラで満ち溢れた人たちを見ることができました。そのようななかで、今年も楽しく歌うことができ、私たちも幸せを分けてもらったような気がしました。本当に素晴らしいひと時を過ごすことができました。



おまけですが、12月6日は聖ニコラウスの日で、その前夜祭ということで、ニコラウスさんが演説する場面もありました。

f0314586_06151251.png




[PR]
# by japfrauchormunich | 2015-12-07 06:15 | イベント情報

2015年7月19日 日本祭り(ヤーパンフェスト)に出演しました

2015年7月19日(日) 毎年恒例となりました、日本祭り(ヤーパンフェスト)に出演しました。




在ミュンヘン日本国総領事館、バイエルン独日協会、ミュンヘン日本人会の三者共催。
会場は 英国庭園裏千家茶室周辺。






f0314586_5452188.jpg





2015 年 ヤーパンフェスト 舞台プログラム


12:00 〜 12:30
開会式
在ミュンヘン日本国総領事館 柳総領事
バイエルン独日協会 シェーン会長
ミュンヘン日本人会 大宅会長
ミュンヘン市 ホイビッシュ市議会議員


12:30 〜 13:00
ダンス ミュンヘン日本人国際学校

13:00 〜 13:30
お遊戯 ミュンヘン日本語補習授業校

13:30 〜 14:00
日本語劇 マクシミリアン・ギムナジウム

14:00 〜 14:30
八丈太鼓と日本舞踊 石井秀 花柳歌七郎

14:30 〜 14:45
休憩

14:45 〜 15:15
コスプレショー アニメックス

15:15 〜 15:45
日本の歌 日本人会コーラス部 ミュンヘン独日合唱団

15:45 〜 16:15
筝演奏 中川果林

16:15 〜 16:45
オリジナルソング 日高美優 & Intensive Erfrischung

16:45 〜 17:15
八丈太鼓と日本舞踊 石井秀 花柳歌七郎

17:15 〜 17:20
閉会式




私たちはまず12時に控え室に集合。そして、日本レストランの美味しいお弁当を食した後、14時の発声練習まで、浴衣のお着替え。





みんなで助け合いながら、美しい和の衣装をまといます。





15時頃、舞台袖で出番を待ちます。緊張感が高まっていきます。





15:30頃、日本人会女声コーラス部とミュンヘン独日女声合唱団による合唱が始まりました。




「夏の思い出」
「風になりたい」
「ばら・きく・なずな」
「谷茶前節」
「千の風になって」
「予感」




気温30度という暑さでしたが、以上の6曲を、心を込めて、歌い上げることができました。





f0314586_5596100.jpg






お客様から拍手喝采を浴び、私たちは喜びに満ち溢れました。





音楽は、言語の違いも国境も越えて、私たちとお客様を結ぶ強い力を放っていると、いつも感じるのですが、今回は特に、私たちメンバーの絆を深める力も持っていることが実感できました。





それはなぜかと言いますと、闘病中のメンバーがいて、今回同じ舞台に立てたことが、彼女に最大の勇気を与えることができたからです(→そう、旦那さまがおっしゃってくださいました)。





音楽は最高の癒しになる、、、、、。 本当に感動的な舞台になりました!






コーラスのメンバーは、それぞれに生活スタイルが違います。だけど、それだからこそ、みんなで一つになって、心を合わせることが、とても大切なんだということを再認識できました。 







f0314586_6113848.jpg






石井秀さんの八丈太鼓と、花柳歌七郎さんの日本舞踊を観て、型の一つひとつが決まるたびに、そして、太鼓と舞踊の息のあった呼吸を感じるたびに、心技体の美しさに魅了されました。




和の力を感じました。 私たちも、歌で美しい心技体が表現できるようになれれば良いなと思いました。
[PR]
# by japfrauchormunich | 2015-07-20 06:11 | イベント情報

2015年7月11日、「バイエルン州合唱連盟 ミュンヘン支部」主催の夏のコンサートに出演

2015年7月11日(土)、「バイエルン州合唱連盟 ミュンヘン支部」主催の夏のコンサートに出演しました。



f0314586_4284378.jpg




会場はSophiensaal 、開演時刻は19時。




 集合後、まずはステージでリハーサルを行いました。小さくまとまった声も、会場の後部座席まで上手く運んでくれるようなとても響きのいいホールでした。



その後、控室に移動して浴衣に着替えました。
 ステージでは、歌を届けるのはもちろんのこと、浴衣という衣装をまとうことで、視覚的にもお客様に楽しんでもらえるのではないかと思います。着付けの方にお手伝いしてもらい、衣装も毎回きちんと着ることができます。


f0314586_4295768.jpg




さて、今回は私たちのコーラスを含めて5つの団体が出演しました。私たちの出番は最後。それまでそれぞれの素敵な歌声に心を奪われていました。会場も一体となって歌う場面が何回もみられ、温かい気持ちになりました。


 いよいよ私たちの出番が来ました。とてもワクワクしながらステージにあがりました。



f0314586_431817.jpg




 
 今回は、下記の曲を歌いました。

  

  「夏の思い出」
  「毬と殿さま」
  「ばら・きく・なずな」
  「谷茶前節」
  「花は咲く」
  「信じる」



f0314586_4314146.jpg




 暗譜の曲や初披露の曲があり、試行錯誤しながらもみんなで心を一つにして一生懸命練習しました。
 本番では、素晴らしいお客様と会場の助けもあり、気持ちの良い演奏ができたのではないかと思います。



f0314586_5532449.png

[PR]
# by japfrauchormunich | 2015-07-16 04:32 | イベント情報

2015年5月17日 ローゼンハイム市と市川市の文化交流を支援する団体主催のコンサートに出演

2015年5月17日(日)、 ローゼンハイム市と姉妹都市である千葉県市川市との文化交流を支援する公益団体(Förderverein Städtepartnerschaft Ichikawa-Rosenheim e.V.)主催のコンサートに出演しました。




開場:10時半
開始:11時
場所:Musikschule Rosenheim, Künstlerhof, Ludwigsplatz Rosenheim
リンク:www.ichikawa-rosenheim.de




f0314586_451043.png





2011年に、同支援団体主催の東日本大震災チャリティコンサートに初めて出演させて頂いて以来、なにかとご縁のあるローゼンハイム市。




f0314586_55846.png





当日の朝は、グループに分かれてバイエルンチケットを購入し、みんなで乗り合いながら、ローゼンハイムに向かいました。




f0314586_571217.jpg





乗車した列車はブルートレイン。朝からワクワク感いっぱいです。




駅に到着すると、主催者のご担当者と役員の方数名が待機されていて、自家用車で私たちを会場まで連れて行ってくださいました。ご好意に感謝です。




f0314586_5102347.jpg






10時少し前に到着し、まずはステージにて30分ほど練習。




f0314586_512171.jpg






音楽学校の舞台は、音響が整っているので、歌声が軽やかに響き渡ります。





10時40分頃、控え室に移動。開始時間の11時ギリギリまで、歌の練習。





足を運んでくださるお客様に、和の心を歌声に乗せてお届けしたい、、、、、。





そんな熱い思いが静かに盛り上がっていきます。




f0314586_5144564.jpg






ステージに立つと、心地良い緊張感が身体と心を包んでいきました。




f0314586_5182051.jpg





主催者の方のすごく丁寧な曲紹介のあと、第一部が開始。






「花」
「荒城の月」
「さくら さくら」
「ばら、きく、なずな」
「千の風になって」






私たちは客席に戻り、日本人の若手音楽家、吉岡二郎さん(チェロ)と吉岡太郎さん(ピアノ)の素晴らしいデュエットを堪能。日本人の誇りです。





第二部の曲はアカペラのみ。





「まりと殿様」
「黄金虫」
「ほたるこい」
「べごこ三匹」




そして、日本人の若手音楽家、三浦彩乃さん(ヴァイオリン)と吉岡太郎さん(ピアノ)の素晴らしいデュエットにうっとりと聴き惚れていたところ、第三部が始まりました。






「子どもの歌メドレー ゆりかごの歌、シャボン玉、夕やけこやけ」
「竹田の子守歌」
「花は咲く」
「おてもやん」





暖かい拍手喝采を受け、用意していたアンコール曲「さくら」を歌うことができ、感動的なフィナーレを迎えることができました。




f0314586_528367.jpg






主催者は、当初、私たちコーラス部のみで、60分間のソロ・コンサートを企画されていたのですが、最後まで通しで歌うことができるのかどうか、また、一つの合唱団だけのプログラムでお客様に満足していただけるのか、そんな葛藤があり、将来を期待される10代の日本人若手音楽家に演奏のご協力をお願いしました。





結果的には、大成功だったように思います。三部構成になり、チェロとピアノとバイオリンの演奏時間中、私たちは喉を潤すことができたからです。





コンサート終了後、主催者が私たちへの労いの気持ちとして、イタリアレストランでランチをご招待くださいました。




f0314586_5382596.jpg





ローゼンハイムという名前にぴったりの美しいバラ。




f0314586_5391773.jpg





ここで、若手メンバーの感想文を紹介したいと思います。





沢山の曲を歌うのは初めてだったので、普段のコンサートより緊張しましたけど、途中でだんだん楽しくなってきました。
私たちの歌以外にも若手の演奏はとても素晴らしかったです。
また今度、美しいローゼンハイムで歌うのを楽しみにしています。


[PR]
# by japfrauchormunich | 2015-05-19 06:01 | イベント情報

2015年4月26日 Ramersdorf 男性合唱団のコンサートに友情出演しました

2015年4月26日(日) Ramersdorf 男性合唱団のコンサートに友情出演しました。




f0314586_6115225.jpg




開場:16時半
開始:17時
場所:Saal im Anton-Fingerle-Bildungszentrum, Schlierseestraße 47, München


f0314586_634750.jpg




まるで私たちを出迎えてくれるかのように、会場でもある教育センターの前に、手を挙げた像が立っていました。







控え室に荷物を置いて、ステージに移動。 ミニガスタイクのようなコンサートホールに感動です。





f0314586_654372.jpg






副部長さんの号令と共に、まずはみんなで身体ほぐし。





その後、ステージで声出しをする予定だったのですが、変更になり、私たちはホール前で歌の練習を行いました。 ピアノ伴奏ありの曲を、アカペラで歌うのは変な感じです。でも、声ほぐしには、ちょうど良かったような気がします。





開場時間少し前に、ステージに移動して、歌の練習。10分ほどお時間を頂いたので、開場時間も10分遅れに。





今回は、メゾソプラノの人数が少なかったので、アルトからメゾソプラノで歌うことになった部長さん。





アルトのパートの大黒柱がいなくなったので、残りのアルトのメンバーの緊張感はマックスです。





少ない人数のメゾソプラノのメンバーも、いつもより緊張感があったと思います。



f0314586_6221835.jpg




ステージの練習後、控え室にて、浴衣にお着替え。





今回は私たちのステージの写真を撮ってくださる方がいなかったため、若手メンバーのみなさんをパチリ。



f0314586_6143123.jpg





コンサートのテーマは、「メロディは世界を回る」。




前半は、「ドイツ」、「アイルランド」、「イギリス」、「アメリカ」、「ジャマイカ」、「南海」を巡り、後半は、「日本」、「ロシア」、「ゲオルギア」、「ポーランド」、「イスラエル」、「イタリア」、「オーストリア」を巡りました。





私たちは後半のトップで、ありがたいことに、前半を着付け時間に充てることができました。




また、浴衣はサプライズとなったため、後半が始まってから、こっそりとホールに移動して、ステージに立つことに。




心を込めて、下記の曲を歌いました。



「さくら さくら」
「まりと殿様」
「ばら、きく、なずな」
「おてもやん」




今回は、「まりと殿様」を歌い終わった後に、「ブラボー」という歓声がありました。他の曲も、観客のみなさんから暖かい拍手喝さいを頂きました。 少ない人数ながらも、心地良い緊張感を保ちながら歌えたのではないかと思っています。




f0314586_6231182.jpg





4月の2週続けてのコンサートは無事に終了し、ほっとしたのも束の間、次は5月17日のローゼンハイムでの舞台が待っています。





でも、コーラスで歌う喜びがある限り、私たちはハーモニーを大切に、歌い続けていくと思います。




私たちと一緒に歌いたいと思われた方、どうか一度、練習を見にいらしてください。お待ちしています。
[PR]
# by japfrauchormunich | 2015-04-27 06:23 | イベント情報

2015年4月18日 Gröbenzell 女声合唱団のコンサートに友情出演しました

2015年4月18日(土) Gröbenzell 女声合唱団のコンサートに友情出演しました!




f0314586_573035.jpg





場所:Saal im Freizeitzentrum, Wildmoosstraße 46, 82194 Gröbenzell
開場:19時
開始:19時半 
http://www.frauenchor-groebenzell.de




ほとんどのメンバーは、Sバーンに乗って、みんなで連れ立って、会場に向かいました。まるで遠足気分です。




17時少し前に到着し、すぐにステージで発声練習。心地よい緊張感が高まっていきます。




f0314586_518815.jpg





控え室にて、今回の衣装の浴衣に着替え終え、18時半に再びステージにて合同練習。





日本の名曲「さくら さくら」をGröbenzell 女声合唱団と初合わせ。違う母語を話すもの同士なのに、歌を通じて、心が通い合っていくのを感じます。





19時半になり、コンサートが開始しました。





f0314586_5155868.jpg






演奏曲目:
「まりと殿様」
「ばら、きく、なずな」
「おてもやん」
「さくら さくら (合同合唱)」






今回のコンサートのテーマは、「世界巡りの輪唱」。そのため、バカンス気分満載のオブジェがたくさんありました。



f0314586_5183284.jpg






ヨーロッパ → オーストラリア → アジア → アメリカ → アフリカ → ヨーロッパ の世界旅行の順番に歌が披露されていきます。




私たちの歌は「アジア」のテーマに組み込まれていました。まずは、Gröbenzell 女声合唱団と共に、「さくら さくら」を熱唱しました。




ソプラノ。



f0314586_522564.jpg





メゾソプラノ。



f0314586_5223489.jpg





アルト。



f0314586_5231955.jpg





そして、私たちだけで、「まりと殿様」、「ばら、きく、なずな」、「おてもやん」を心を込めて歌い上げました。




あらかじめ、私たちの曲紹介文を主催者に提供させて頂いていたのですが、「ばら、きく、なずな」だけは、なぜだか、日本語のタイトルだけ紹介されて、説明は何もなし。




それなのに、私たちの新曲「ばら、きく、なずな」を歌い終わった後、「ブラボー」という聴衆の歓声と共に、大きな拍手が私たちを待っていました。このときの感動は忘れることができません。





音楽は、言葉ではなくて、ハートで伝わるんだ、、、、、。 そんな確かなものを実感した瞬間でした。





ここで、若手部員の感想文をご案内します。





今日は音楽の世界旅行がコンセプト。海の絵やキャディーバックでステージが彩られていたのがすごく印象的で素敵でした。私達の出番の最初に他のコーラス団体と"さくら さくら"を演唱したときは、人数が倍以上に増え感激しました。今回も私達の浴衣の衣装と歌を楽しんでもらえて良かったです。






コンサートのフィナーレとして、我が指揮者の三浦真澄先生、ピアノ伴奏者の三浦裕子先生、部長のクリューゲル加寿子さんが、 Gröbenzell 女声合唱団からお礼として、スーツケースの形をしたBrezenを頂きました。 ユニークなアイデアですよね〜。




f0314586_5325085.jpg

[PR]
# by japfrauchormunich | 2015-04-20 05:32 | イベント情報

2015年1月25日 日本人会新年会に出演しました

2015年1月25日(日)、日本人会新年会に出演しました。



f0314586_3513637.jpg




朝起きたら、ミュンヘンは真っ白銀世界。夜中に雪が積もったようです。




f0314586_3595260.jpg




会場は昨年と同じ、SKY EVENT Events over Munich
Dingolfinger Straße 5, 81673 München
www.eventsovermunich.de
最寄りの駅は S バーンのLeuchtenbergring すぐ側。
高層ビルの最上階(14 階)に位置し、眺めがとても素晴らしいです。





f0314586_3551863.jpg





わがコーラス部は、独日コーラスと共に、


「銀色の道」
「竹田の子守歌」
「毬と殿様」
「べごこ三匹」
「大地讃頌」




の5曲を合唱しました。



f0314586_424114.jpg





私たち、ミュンヘン日本人会女声コーラス部だけで、「毬と殿様」と「べごこ三匹」の2曲を歌いました。



f0314586_432215.jpg






今回のプログラムは盛りだくさんで、私たちの歌以外に、日本舞踊、ファゴットとピアノのセッション、バイオリンとピアノのデュオ、和太鼓の演奏がありました。





優美な和と美しいクラシック、そして、パワフルな太鼓。バリエーション豊かで、とっても素晴らしかったです。




f0314586_463197.jpg




日本レストラン「TOSHI」の故郷を思い出させてくれる和食と、日本のケーキ屋さん「Tampopo」の美味い洋菓子、鏡開きで振る舞われた美味な日本酒。そして、みんなが狂喜乱舞する福引き。 




f0314586_4105470.jpg






土曜日と日曜日、二日続けてのマラソン出演は、私たちコーラスのメンバーに、程よい緊張感と、心地よい疲労感を与えてくれました。




そして、満足感いっぱいのステージだったように思います。 





ミュンヘン日本人会の役員さんが私たちの歌っている姿をいくつか綺麗に撮影してくださったのでアップします。



まずは練習風景です。




f0314586_19315681.jpg





そして、本番。全体写真です。



f0314586_19322344.jpg





左側




f0314586_19232356.jpg





真ん中



f0314586_19235538.jpg




右側


f0314586_19243659.jpg




楽しいパノラマ写真になってますよね〜。



このブログを通じて私たちの歌声が聴きたいという方、どうかみなさま私たちの歌を聴きにいらしてください。



7月11日にはバイエルン合唱連盟の合同コンサートに出演します。私たちにお声をかけて頂ければ、前売りチケットが手配できます。お見逃しなく!!
[PR]
# by japfrauchormunich | 2015-01-26 04:11 | イベント情報

2015年1月24日、独日協会新年会に出演しました

新年あけましておめでとうございます。2015年が始まりましたね。今年は戦後70周年になります。



f0314586_7395579.jpg




世界が一つになりますように、、、そんな思いを込めて私たちは、独日協会の新年会に出演しました。


f0314586_7402350.jpg



会場: 以前の民族博物館(Völkerkundemuseum)、名改め、Museum fünf Kontinente
住所: Maximilianstraße 42



まずは控え室に入って着替え。控え室に仏像がなにげなく置いてあるのがインテリアっぽくて良い感じでした。


f0314586_7413969.jpg




「銀色の道」
「竹田の子守唄」
「千の風になって」
「世界が一つの家族のように」
「大地讃頌」




の5曲を、我がコーラスの同志でもある、独日コーラスと心を一つにして歌い上げました。



f0314586_7423685.jpg





最初の曲「銀色の道」は、手拍子が前奏や間奏部分にあり、手拍子をする人は楽譜なしで歌うことになりました。チラチラと横にいる人の楽譜を見ながらの合唱です。




2曲目の「竹田の子守唄」はしっとりと、3曲目の「千の風になって」と、4曲目の「世界が一つの家族のように」は、歌いながら、みんなの気持ちが一つに解けあえた瞬間を味わうことができました。



f0314586_7454870.jpg





そして、最後の曲「大地讃頌」は、大木惇夫さん作詞、混声合唱のためのカンタータ「土の歌」の第七楽章です。




作詞者のコメントを以下抜粋します。




偉大なる想像主があって天地は創られ、人間が創られ、人類は大地の上に棲息することとなった。個々の人間は生まれて死ぬ。五十年か百年の短い生命を地上に保って燃焼する。エジプト最古の詩をここに引用するまでもなく、「土より出でて土に帰る」、運命にある。これが自然の摂理である。





私たちは「母なる大地」に守られながら生きている、、、、。大地を意識しながら生きよう、、、、というのがメインテーマです。




私たちは大地に感謝しながらこの歌に挑みました。



f0314586_7545046.jpg






私たちの歌の後は、日本舞踊があり、その後は、琴と様々な楽器のセッションがありました。特に、UFOのような楽器「Hang」あるいは「Pantam」が珍しくて、聞き応えがありました。



新年会終了後、同会場にて、日本レストラン「おはよう」の美味しい日本料理を堪能し、ワインやジュース等で乾杯し、楽しいおしゃべりに花を咲かせました。
[PR]
# by japfrauchormunich | 2015-01-25 08:00

2014年12月13日 Adventssingenに参加しました★

2014年12月13日(土)、毎年参加しているマリエンプラッツの市庁舎のバルコニーでのAdventssingenに今年も独日コーラスと一緒に参加しました。



それほど寒くないという天気予報が当たり(最高気温9度)、私たちは軽やかに全曲を歌い上げることができました。


合唱曲目は以下のとおりです。


『Freue dich Welt, dein Koönig naht (Joy to the world! The Lord is come もろびとこぞりて)』
 *1番ドイツ語、2番英語、3番日本語

『Aba heitschi bumbeitschi』
 *バイエルン方言

『Ich steh an deiner Krippen hier(まぶねのかたえに)』
 *1・2番ドイツ語、3番日本語




右から器楽演奏のWettlroaner Soatnmusi、司会の女性、混声合唱Jugendchor der Neuapostolischen Kirche München、そして私たちJapanischer Frauenchor München




f0314586_6383286.jpg





新人部員の感想文をご紹介いたします。





2000年に家族でミュンヘンに滞在していましたが、その時は小さな子供がいたので夜の練習に参加することができず、コーラス部はあこがれの存在でした。今回は6月末から12月末までの短期ですが、夫の2人だけの身軽な滞在が決まり、早速夏から練習に参加させていただきました。そして15年越しの夢の舞台である市庁舎バルコニーでのアドベントジンゲンを迎えました。本来ならば氷点下になる季節ですが、今年は8℃と全く寒くない中での合唱となりました。きらめくクリスマスツリーの横で、たくさんの人が見上げる中での合唱は、本当に素晴らしい体一生の思い出になりました。






感想文を書いてくださった方のドキュメンタリーショットも掲載いたします。





17時少し前、市庁舎の階段を上がって、発声練習場に向かいます。



f0314586_6302678.jpg





練習を終えて、控室からバルコニーに移動します。出演7分前です!


f0314586_635069.jpg




バルコニーに整列し、下を見下ろすとたくさんの人が!


f0314586_6354693.jpg




お天気に恵まれ、暖かい中でのクリスマス市は大盛況です。



f0314586_6363777.jpg





今年の歌い納めの後、私たちはマリエンプラッツの某レストランにて、忘年会をいたしました。




気心の知れた歌の仲間とのおしゃべりは尽きず、楽しい夕べになりました!
[PR]
# by japfrauchormunich | 2014-12-16 06:41 | イベント情報


歌好き集まれ?!ミュンヘン日本人会女声コーラス部で楽しく歌いましょう?


by japfrauchormunich

プロフィールを見る

コーラス部から♫

Copyright © 2014 - 2017 Japanischer Frauenchor München - All Rights Reserved.

*場所:日本人国際学校音楽室

*練習日:毎週火曜日 19 時〜21 時

※見学の方は必ず前もって下記へご連絡下さい。

部長 古山幾子
Ikuko Koyama-Krause
e-Mail: koyama-krause@hotmail.de

ミュンヘン日本人会女声コーラス部は、ミュンヘン日本人会の支援団体です。リンクはこちらです→ミュンヘン日本人会

カテゴリ

全体
コーラスについて
イベント情報
イベント動画

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月