2015年1月24日、独日協会新年会に出演しました

新年あけましておめでとうございます。2015年が始まりましたね。今年は戦後70周年になります。



f0314586_7395579.jpg




世界が一つになりますように、、、そんな思いを込めて私たちは、独日協会の新年会に出演しました。


f0314586_7402350.jpg



会場: 以前の民族博物館(Völkerkundemuseum)、名改め、Museum fünf Kontinente
住所: Maximilianstraße 42



まずは控え室に入って着替え。控え室に仏像がなにげなく置いてあるのがインテリアっぽくて良い感じでした。


f0314586_7413969.jpg




「銀色の道」
「竹田の子守唄」
「千の風になって」
「世界が一つの家族のように」
「大地讃頌」




の5曲を、我がコーラスの同志でもある、独日コーラスと心を一つにして歌い上げました。



f0314586_7423685.jpg





最初の曲「銀色の道」は、手拍子が前奏や間奏部分にあり、手拍子をする人は楽譜なしで歌うことになりました。チラチラと横にいる人の楽譜を見ながらの合唱です。




2曲目の「竹田の子守唄」はしっとりと、3曲目の「千の風になって」と、4曲目の「世界が一つの家族のように」は、歌いながら、みんなの気持ちが一つに解けあえた瞬間を味わうことができました。



f0314586_7454870.jpg





そして、最後の曲「大地讃頌」は、大木惇夫さん作詞、混声合唱のためのカンタータ「土の歌」の第七楽章です。




作詞者のコメントを以下抜粋します。




偉大なる想像主があって天地は創られ、人間が創られ、人類は大地の上に棲息することとなった。個々の人間は生まれて死ぬ。五十年か百年の短い生命を地上に保って燃焼する。エジプト最古の詩をここに引用するまでもなく、「土より出でて土に帰る」、運命にある。これが自然の摂理である。





私たちは「母なる大地」に守られながら生きている、、、、。大地を意識しながら生きよう、、、、というのがメインテーマです。




私たちは大地に感謝しながらこの歌に挑みました。



f0314586_7545046.jpg






私たちの歌の後は、日本舞踊があり、その後は、琴と様々な楽器のセッションがありました。特に、UFOのような楽器「Hang」あるいは「Pantam」が珍しくて、聞き応えがありました。



新年会終了後、同会場にて、日本レストラン「おはよう」の美味しい日本料理を堪能し、ワインやジュース等で乾杯し、楽しいおしゃべりに花を咲かせました。
[PR]
by japfrauchormunich | 2015-01-25 08:00


歌好き集まれ?!ミュンヘン日本人会女声コーラス部で楽しく歌いましょう?


by japfrauchormunich

プロフィールを見る

コーラス部から♫

Copyright © 2014 - 2017 Japanischer Frauenchor München - All Rights Reserved.

*場所:日本人国際学校音楽室

*練習日:毎週火曜日 19 時〜21 時

※見学の方は必ず前もって下記へご連絡下さい。

部長 古山幾子
Ikuko Koyama-Krause
e-Mail: koyama-krause@hotmail.de

ミュンヘン日本人会女声コーラス部は、ミュンヘン日本人会の支援団体です。リンクはこちらです→ミュンヘン日本人会

カテゴリ

全体
コーラスについて
イベント情報
イベント動画

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月